金欠で大ピンチ!!お金がないときに何とか乗り切る方法


437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

もう少しで給料日だと言うのに、出費が続いて給料日までの生活費がなくなってしまった。欲しいものを計画無しに購入してしまったために、財布にも通帳にもお金がない。様々な事情からお金がなくなって生活するのも大変と言う状態に陥ったことが有る人も多いです。

お金がなくなってしまうと、そのピンチをどうやって乗り切るのかが心配になり、そればかりが気になってっ頃に余裕がなくなってしまいます。また、お金がなくなってしまうと好きな事ができなくなり、行動なども制限されストレスの原因となります。

このように余裕がなくなってしまうほどお金がなくなってしまった場合はどのように対処すればいいのでしょうか。ピンチの期間を短く減らしたり、ピンチの時を有効的に乗り切る方法について紹介していきます。

お金がないときの上手な乗り切り方

お金がなくなるととても不安でストレスを感じやすくなるものですが、実はお金がないときほど自分の生活を見直すチャンスでもあります。お金がある内はほとんど計画性もなく買い物しても大丈夫ですが、お金がなくなったらしっかりと計画を立て節約をしていく必要が在ります。

人間の生活の中で一番出費を減らすことができるのは食費です。今はテレビや雑誌などでも節約レシピなどが取り上げられていますが、節約レシピを有効に活用することで節約の意識も生まれ、節約しながら以下に美味しく作るかを考える楽しみも増えます。

日常生活で節約を考える習慣が付けば、月末お金が足りなくてピンチに陥る回数もだんだんと減っていきます。今はオークションや買取などと言った身の回りの不用品をお金に変えてくれるシステムが増えています。

身の回りを見渡してみると普段めったに使われないものが箱に入ったまま押入れに眠っていたり、放置されていることが多いもの。そこでこれらの不用品をオークションやリサイクルセンターなどに買い取ってもらうことで、不用品を処分してお金を得ることができます。

ブランド品や手放したくないものは質屋を利用する方法もあります。質屋では買い取りも行っていますが、一時的に預かってお金を貸し、一定期間にお金を返せば品物を返品してくれるシステムです。様々な方法を活用して不用品をお金に変えてみましょう。

会社での評判などが悪くなる場合が多いので余りお勧めはできませんが、会社の中には給料の前借りを許可している会社もあります。そのような場合には前借すると言う手段もあります。

また、本職の秋時間にできるような副業などを行なうことによって、空いた時間を有効に活用しながら収入を増やすと言う方法もあります。

ピンチになってしまった原因をしっかり探り、節約しながら無駄なくお金を使えるようにしっかりと計画性を持ち、いざピンチになっても困らないような手段も用意しておくことでお金がないピンチから生活を救うことができます。

お金がないときにお金を借りるメリットとデメリット

給料日まであと少しあるのに、お金が底を付いてしまって生活するにも困ってしまう人も多いです。特に結婚式やお葬式、会社の飲み会などが重なれば、出ないわけにも行かないため、出費も免れることはできません。

金欠でピンチに陥ると、精神的に滅入ってしまい、活動意欲も低下しがちです。そうならないようにするために、計画性を持つ、節約する習慣をつける、不用品や空いた時間などを使ってお子図解稼ぎをするなどといった方法がありますが、どれも上手くいかない場合はお金を借りると言う手段を活用する方法もあります。

お金を借りるにはどのような方法があるのか、お金を借りることによって発生するメリットやデメリットなど、お金を借りる手段を取るときに知っておかなければならないことをまとめてみました。

bffd8c1b182ac0fe8a939dbb387f8027_s

お金を借りる手段と注意すべき点

お金を借りると聞いてまず真っ先に思い浮かべるのは、消費者金融や銀行などのカードローンなどです。一定の収入のある職業についていて、過去に金融自己がなければ、一定の審査を受けることで限度内でお金を借りたり返したりできます。

大手の有名な消費者金融であればお知らせや連絡の電話や郵便は個人名を使うなどの配慮もしてくれます。しかし、返す当てもないのに高額借りてしまったりすると返済が非常に困難になり、返済でまたピンチになる事もあるので、返済の事も考えながら借りるようにしましょう。

消費者金融や銀行のローンには利息が付くので、返済期間を長く設定するとその分総支払額は増えます。今は一定期間無利息というサービス期間を設けている会社もあるのでそういったところを有効活用してみましょう。

また、返済ができなくなると督促が来て、督促にも応じられないと裁判となるケースもあるので返済の計画をしっかりと立てておく必要があります。

次に多いのは借りると言う言葉には当てはまらないかもしれませんが、クレジットカードの有効活用です。クレジットカードで買い物すると、支払いは翌月や翌々月に請求されることが多いため、その間に手元に現金を残しておくことができます。

大きな金額の買い物も、分割払いにすることができるため、月々の負担が減ります。しかしその分残った金額に利息がつき、支払い総額が増えてしまうほか、店によって使えるカードが異なる場合があるため注意が必要です。使えるお店が多いブランドのカードを1枚持っておくだけで心にゆとりがでてきます。

最後に、親戚や友人からお金を借りる方法です。個人同士のやり取りのため、利息をつける、つけない、どのくらいまでに返すなどはお互いの話し合いで決まるところですが、お互いの顔も知っているため、安心して借りる事ができます。

しかし、その安心さが裏面に出て、友人だから、親戚だからと返すのを後回しにしていると、人間関係に亀裂ができてしまうこともあるので注意が必要です。

お金がないとき金欠を乗り切るための裏技

金欠のときほど自分の金銭の使い方や人間関係、身の回りなどをしっかり見回せるチャンスです。金欠になるとお金がないと言うこと […]

続きを読む